【タカラトミーの就職難易度は?】企業研究から内定獲得のための必須対策まで徹底解説!!

タカラトミー ロゴ

本記事では、タカラトミーの経営理念や、将来性、求める人材についてまとめることで、皆さんの企業研究をサポートします。

また、採用フローや採用大学、配属勤務地・部署についてもまとめており、タカラトミーから内定を獲得するためにすべき対策についても紹介しております。

就活生ならだれもが気になる、企業の平均年収や初任給、口コミについてもまとめてあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

企業概要

今回は、1924年の創業以来、おもちゃを中心として、世界中に新しい遊びの価値を提供し、子供たちに夢や希望を届けてきた「タカラトミーグループ(以下 タカラトミー)」について解説していきます。

タカラトミー 採用ページ

タカラトミーグループは、玩具事業(玩具と乳幼児製品の企画、開発および製造)と 玩具周辺事業(カプセル玩具、玩具菓子、鉄道模型などの製造および販売)を主な事業としています。

「トミカ」や「りかちゃん」、プラレール「人生ゲーム」「黒ひげ危機一髪」「デュエルマスターズ」など、皆さんも遊んだことがあるだろう、長年愛され続けているロングセラー商品をいくつも生み出してきています。

また、時代に合った数々の新商品も生み出しており、2020年に発売された「キャップ革命ボトルマン」は、キャップを飛ばすエコ玩具という特徴と、コロナ禍で体験会などリアルイベントができない中、ウェブを徹底的に駆使したマーケティングで累計30万個という大ヒットを記録しています。

そんなタカラトミーのビジネスモデルは企画・開発からアフターサービスまでワンストップで実施するものです。

タカラトミーグループのビジネスモデル
3分でわかるタカラトミーグループ

また、日本国内だけの販売ではなく、日本で企画開発を行い、ベトナム、タイ、中国などのアジアの向上で生産を行い、世界130以上の国と地域に商品を販売しています。

グローバル展開と、コロナ禍による巣ごもり需要によるファミリーゲームの伸長などの影響もあり、売り上げは1412億円(2021年3月31日時点)を記録しています。

また、タカラトミーは「世界中の子どもたちと友達になる」というCSRのあるべき姿を実現するために、①安心・安全・品質の確保、②新たな製品・サービス・IPの創出、③ユニバーサルデザインの推進、④組織統治とステークホルダーとの対話、⑤働き方改革の推進、⑥CSR調達、⑦環境マネジメント、⑧事業を通じた教育・文化への貢献という、8つのCSR重要課題に取り組み、SDGsすべての目標達成に対して、直接的・間接的に貢献しています。

4質の高い教育をみんなに、8働きがいも経済成長も、9産業と技術革新の基盤をつくろう、12つくる責任つかう責任、16平和と公正をすべての人に、17パートナーシップで目標を達成しよう

また、タカラトミーは福利厚生も充実しています。

特徴的な数字としては、育児復帰率・育児取得率100%が挙げられます。
タカラトミーでは、産休取得や育休復職時に、社内カウンセラーによる面談など充実したサポート体制が整えられています。

そんなタカラトミーの基本情報は以下のようになっています。

名称株式会社タカラトミー
本社所在地〒124-8511
東京都葛飾区立石7-9-10
設立1953(昭和28)年1月17日
創立: 1924年(大正13年)
代表取締役社長小島 一洋
資本資金34億5953万円
事業内容玩具・雑貨・カードゲーム・乳幼児関連商品等の企画、製造および販売

企業理念

すべての「夢」の実現のために

こどもたちの「夢」の実現のために

わたしたちの「夢」の実現のために

株主の「夢」の実現のために

パートナーの「夢」の実現のために

社会の「夢」の実現のために

わたしたちは、

新しい遊びの価値を創造します。

引用:理念|会社情報|タカラトミー

タカラトミーの企業理念は、「夢」がキーワードと言えます。

お客さまの「夢」を形として「新しい遊びの価値」を提供し、社員に対しては、それぞれの力を最大限に発揮できる職場環境を提供する。

そして、社会に対しては誠実な企業活動を持続することで、楽しく豊かな社会を実現すること。
これこそが、企業理念に基づき、タカラトミーが行っていく行動と考えられます。

将来性

将来性 ロゴ

コロナの影響で急速に変化していく現代社会や、国内の少子化など様々な懸念点もあり、タカラトミーおよび、玩具業界の将来性を不安に思う方も多いと思います。

しかし、実際には玩具市場はとても好調で、2021年3月31日時点の市場規模は過去20年間で3番目に大きい8,268億円を記録しています。

このことは、玩具需要が底堅く、今後さらに成長していく可能性があることを示しています。

そんな玩具市場で、さらに存在感を出していくために、タカラトミーは「日本のタカラトミー」から「世界のタカラトミー」への進化を目指しています。

タカラトミーは、「トミカ」「リカちゃん」「プラレール」などの創業以来人気を維持している玩具だけでなく、近年ではデジタル要素も取り込み子供だけ、大人、家族全員で楽しめる玩具の開発も行っています。

これらの玩具は、日本人だけが魅力を感じるものでなく、どんな国の子供でも「文化」「国境」「年齢」に関係なく受け入れられる商品であり、前述したように130以上の国と地域で玩具を販売しています。

実際に、世界130ヶ国以上で5億個以上の販売実績のある「トランスフォーマー」や、1999年に誕生し80ヶ国以上で3億5,000万個以上販売した「ベイブレード」など、タカラトミーの玩具は世界的に人気を得ています。

ただ一方で、グローバル市場には多くの玩具メーカーが存在しているため、そのライバルたちとの差別化が、今後タカラトミーが「世界のタカラトミー」になるためのカギとなってきます。

世界の玩具と比較して、タカラトミーの玩具の強みとなるのは「日本らしさ」です。

具体的には、「品質」「安全性」「細部までのこだわり」「発想力」が挙げられます。

例えば、「トミカ」の品質検査には、数百項目のチェックポイントが設定されています。

また、動物フィギュアシリーズの「アニア」を見てみると、形、色、動く首など、リアルに動物を再現しており、これはタカラトミーならではの「細部までのこだわり」が発揮されていると言えます。

さらに近年の取組としては、「プラレール」の運転席と車窓部分に2つのカメラを搭載して、その映像をスマートフォンに転送して、その映像を見ながら遊ぶことで、運転士や乗客の気分を体感できるようにするなど、デジタル要素もうまく活用して、今までの玩具もさらに魅力的なものとしています。   

グローバル展開を成功させていくためには、このような商品力だけでなく「生産能力」「ビジネス構築能力」も大切になってきます。

この2つの力についても、タカラトミーは積極的に取り組んでいます。 

まず「生産能力」については、近年中国生産の比重が大きかったものを、ベトナム等周辺国での生産体制に切り替えながら、各国の品質基準をクリアしながら数百万個以上を安定供給することができる体制づくりに取り組んでいます。

「ビジネス構築力」については、テクノロジーを活用し、世界各国の消費者情報収集や購入パターンを分析し、現在主流となっている「オンライン購買」や「YouTubeなどのデジタルコンテンツ配信」などを積極的に取り入れて、商品企画から消費者に商品を認知してもらい届けるまでのバリューチェーン全体の構築に取り組んでいます。

このように、新たな時代の変化に対して「日本らしさ」を活かして世界展開を行っているタカラトミーは、今後も成長していく企業と考えられます。

求めている人物像

子どもたちをお客様とする私たち玩具会社にとって一番大切なこと、それは我々は会社と商品を通じて子どもたちに夢を届けているのだという事実を強く認識し、高い倫理観、誠意、そして不断の努力によって、ひとりでも多く私たちの大事な子どもたちが笑顔になることです。

このお客様は世界中で一番厳しい目を持っています。昨日まで遊んでいたものに、今日は見向きもしなくなることがあるように、好きと嫌いがはっきりしたお客様です。だからこそ、数多くの子どもたちが気に入った商品を創造できた時、我々の喜びも大きなものになるのです。

この価値観を共有すると共に、日本における人口減(少子高齢化)の趨勢、eコマースの台頭とそれに伴う小売りチェーンの相対的地位の変化、デジタル化やAI等テクノロジーの消費環境・ビジネス環境への浸透と言った大きな変化の中で、過去に囚われず進取の気性に富み、自らものを考え、周りの人を巻き込んでいくことで、変化をチャンスに変えていける人を我々は求めています。

夢を見る立場から、夢を届ける立場へ、一緒に子どもたちの笑顔を追いかけてみませんか?

引用:これからの100年 社長メッセージ|新卒採用情報|タカラトミーグループ (takaratomy.co.jp)

「夢」をキーワードとして挑戦を続けているタカラトミーでは、『変化を恐れずに、自ら考えて、周囲を巻き込みながら挑戦を続けていける』人材が求められているようです。

就職難易度(採用・選考状況)

ここまでタカラトミーの経営理念や将来性、求める人物像を共有しました。

続いて本章では、タカラトミーの採用大学や採用人数などの採用情報と選考フローについて解説します。

採用大学

22年卒4月入社の現時点での採用実績校は以下のようになっております。
(大学名横の数字は採用大学)

【文系】
(大)明治大学2,中央大学1,東京造形大学1,静岡大学1.早稲田大学1,学習院大学1,女子美術大学1,法政大学1,青山学院大学1,甲南大学1,大谷大学1,大阪芸術大学1

【理系】
(院)千葉工業大学1
(大)日本大学1,文教大学1
(高専)舞鶴1,小山1

参考:就職四季報2023年版

採用人数

男女別の採用人数は以下の通りです。

年度大卒(男)大卒(女)修士(男)修士(女)
20年17名7名1名2名
21年10名6名2名1名
22年6名9名1名0名
参考:就職四季報20223年版

文理別の採用人数は以下の通りです。

年度文系理系
20年度16名11名
21年度13名6名
22年度13名3名
参考:就職四季報2023年版

配属勤務地

20年4月入社の配属勤務先は以下のようになっております。
(地名横の数字は人数)

【総合職】
東京(葛飾)22

【技術職】
東京(葛飾)5,栃木2

参考:就職四季報2023年版

配属部署

20年4月入社の配属部署は以下のようになっております。
(部署横の数字は人数)

【総合職】
営業6,企画5,開発2,マーケティング5,人事1,財務1,知財1,生産1

【技術職】
生産2,設計5

参考:就職四季報2023年版

採用大学を見る限り、採用人数は少ないですが、多種多様な大学から学生を採用していることが分かりますね。

そんなライバルたちとの差別化を十分に図ることが内定獲得のカギであり、そのためには自己分析をしっかりと行う必要があります。

自己分析はES・面接対策でも必須のものです。

当サイトでも、「自己分析とはそもそも何なのか」「自己分析の目的」「自己分析のやり方」まで解説し、この記事一つ読めば自己分析を完璧にできるものとなっています。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

採用倍率

〇2022年度の採用人数:16名

〇プレエントリー候補リスト登録人数:40308名

引用:リクナビ2023「タカラトミーグループ:採用情報」

タカラトミーの採用倍率は約2519倍と算出できます。

これはリクナビのプレエントリー人数だけのデータで算出した数字なので、実際の倍率は異なりますのでご参考程度にお考え下さい。

タカラトミーの新卒採用の選考フロー

新卒採用の選考フロー

エントリー
 ↓
WEBテスト
 ↓
面接(複数回)
 ↓
内々定

 

WEBテストの形式は企業オリジナルのものが採用されてます。

WEBテストの内容は、言語・計数・性格です。
SPIや玉手箱など様々な企業で採用されているテスト形式をしっかりと対策しておけば問題ないでしょう。

また、「面接対策をしたい!」「ESのクオリティをあげたい!」という方には、就活エージェントの利用がおすすめです。

就活コンサルタントによるES添削や模擬面接などのサービスをすべて無料で受けることができます。

また、「大手企業からの逆オファー」「1週間での早期内定」など様々なメリットもあります。

以下の記事では、おすすめの就活エージェントについて、特徴とおすすめ点をまとめています。

こちらの記事を参考にして自分に合ったサービスに登録してみましょう。

内定獲得のための必須対策

内定獲得のための必須対策

ここまでタカラトミーの採用大学や採用人数などの採用情報と、選考フローについて共有いたしました。

続いて本章では、タカラトミーから内定を得るためにすべき3つの対策事項を紹介します。

タカラトミーの商品知識をつける

タカラトミーに対しての熱意を示すために、商品の知識をつけておくのがいいと思います。

タカラトミーのESや面接では、「おもちゃにかかわる経験や想い」「玩具ビジネスを通して達成したいこと」といった質問がされ、玩具への関心やタカラトミーへの想いを問われます。

実際に、採用担当者も以下のように「おもちゃが好きかどうか」を大切な問いとしているようです。

おもちゃビジネスは1000個商品を出しても大ヒットするのは3つか4つと言われている厳しい業界です。

このような業界であきらめずに挑戦し続けていく原動力となっているものは、社員一人ひとりの“「おもちゃが好き」という想い”や“ものづくりへの熱意”に他なりません。

仕事をしていて挫けそうになることもたくさんあります。

涙を流すほど悔しいこともあるかもしれません。

ですが、どんなに大変なことがあっても、「想い」や「熱意」が原動力になり、乗り越えられると信じています。

私たちは今、創業100周年に向けて更なる成長を目指しています。
そのためには、一人ひとりの夢へ向かう原動力が必要不可欠です。

「きみはおもちゃが好きか?」

これが、私たちからの問いです。

おもちゃで世界中の子どもたちに笑顔を届けたいという想いに共感いただける方を、心待ちにしております。

募集要項・選考フロー|新卒採用情報|タカラトミーグループ (takaratomy.co.jp)

タカラトミーの商品をしっかりと把握し、その商品の歴史や売れた背景なども理解しておくと良いでしょう。

そして、「自分自身が今後どういった商品を作っていきたいのか」、「自分の玩具に関するエピソード」なども用意しておくと良いと思います。

以下のリンクより、タカラトミーの商品をしっかりと把握しておきましょう。

商品一覧|おもちゃのタカラトミー (takaratomy.co.jp)

社史・商品史|会社情報|タカラトミー (takaratomy.co.jp)

ニュースを見て自分自身で考える力を養う

タカラトミーは、『変化を恐れずに挑戦する力』『自分自身で考えて挑戦できる力』を重要視しています。

実際に、タカラトミーのESには「タカラトミーのビジネスプラン」について考える設問があったり、過去にはグループディスカッションもありました。

「タカラトミーのビジネスプラン」や「今後の変革」を考えていくためには、現在の社会情勢をしっかりと把握して、今の人々がどのようなことに困っているのか、どのようなことを求めているのかを考える必要があります。

タカラトミーが持つ力を使ってどのように「世の中の夢」に挑戦できるのか考えられる力を身につけましょう。

そのためには、世の中でどんなことが起きているのか、何が問題となっているのか、人々のニーズはどこにあるのかといった情報を常日頃からキャッチすることが大切です。

さらに、そういった社会情勢に対して自分なりの考えを持てるように癖をつけることも重要になってきます。

近年、インターネットの普及により様々な情報が飛び交う世の中となったため、情報感度を大切にする企業も増えています。

そのため、普段からニュースを見て自分自身で考える訓練は、タカラトミーだけでなく、他の企業の選考の際にも役に立つでしょう。

しかし、時事問題の対策が大切と言われても

「エンタメやスポーツニュースはよく見るけど、社会情勢の知識はどこで仕入れるのか」
「面接や設問で問われるような経済の知識は分からない」

といった方が多いと思います。

そういった方々に向けて、実際に僕が就活生時代に活用していた方法を中心に、皆さんにおすすめの情報収集手段について紹介した記事を書いています。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

タカラトミーでなければダメだという明確な志望理由を示そう

他企業にも当てはまるような志望動機では「うちじゃなくてもいいのでは?」と思われる可能性が高いです。

タカラトミーの面接では、「タカラトミーに入社してからどのような部門に入り、どんなことに挑戦していきたいのか」という質問は必ず行われるもので、その質問にどれだけ熱意をもって答えられるかが内定獲得には必要になってきます。

そのため選考では、確固たる入社意思を伝えるための明確な志望理由が必要となります。

志望理由を考える際は「なぜ玩具業界なのか」「なぜタカラトミーなのか」「興味のある部門はどこか」「キャリアビジョンは」という観点から、自らの経験と併せて志望理由を明確にしておくといいでしょう。

また、このような志望動機を作成するには、実際に働いている社員から話を聞けるOB訪問がおすすめです。

OB訪問では、先輩社員からざっくばらんに話が聞けます。

「なぜタカラトミーを選んだのか」「仕事の内容」「やりがい」「キャリアビジョン」などを聞くことで、実際に自分がタカラトミーで働くイメージを持つことができ、魅力的な志望動機を描くことができるでしょう。

しかし、OB訪問をどのようにすればいいか分からない方がほとんどだと思います。

「OB訪問の申し込み方法」「当日の流れ」「おすすめの質問例」「OB訪問後のお礼メール」まで解説している記事があるので、少しでも内定獲得の可能性を増やしたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

その他の気になる情報

タカラトミーの年収

就活では、収入を志望動機にするのはタブーですが、実際は気になりますよね。

有価証券報告書の調べによると、令和2年の平均年収は722万円となります。

過去3年の平均年収は以下のようになります。

令和2年722万円
令和元年698万円
平成30年872万円

タカラトミーの初任給

タカラトミーの初任給は以下の通りです。

4年制大学卒/ 月給21万2946円
大学院修士課程卒/ 月給22万7642円

厚生労働省の調査によるとによると、令和2年度の新規学卒者の給与額は大学卒で22万6000円、大学院卒で25万5600円なので、タカラトミーの初任給は平均より少し低いと言えます。

タカラトミーの評価

実際にタカラトミーで働いている社員さんの評価も気になるところだと思います。

社員さんのクチコミによる企業の評価を知りたいならOpenworkがおすすめです。

待遇や、働きがい、人材育成などについて、社員のリアルなクチコミから知ることができます。

タカラトミーは、子供の笑顔が見られる、自分が関わった商品が店頭に並ぶなどやりがいを得る瞬間がたくさんある会社とのことです。

最後に

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

今回は、タカラトミーの経営理念や将来性などの企業概要と、さらに採用フローや採用倍率などの採用情報についてまとめました。

また選考に向けて、「企業や採用情報を効率的に知りたい!」「オンライン選考の練習をしたい!」といった方にはJOBTVがおススメです。

スキマ時間に動画で情報収集できたり、オンライン選考は練習しているだけで、企業からの逆オファーも来ちゃいます。

以下の記事で、JOBTVについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

本記事の内容が、少しでも皆さんの就職活動をより良いものにできたら幸いです。

皆さんの就職活動を応援しております。