【長瀬産業の就職難易度は?】企業研究から内定獲得のための必須対策まで徹底解説!!

2022年5月20日

長瀬産業ロゴ

本記事では、長瀬産業の経営理念や、将来性、求める人材についてまとめることで、皆さんの企業研究をサポートします。

また、採用フローや採用大学、配属勤務地・部署についてもまとめており、長瀬産業から内定を獲得するためにすべき対策についても紹介しております。

就活生ならだれもが気になる、企業の平均年収や初任給、口コミについてもまとめてあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

企業概要

今回は、化学品専門商社で最大手に位置している「長瀬産業株式会社(以下 長瀬産業)」について解説していきます。

長瀬産業 新卒採用ページ

商社といえば、大手総合商社に目が行きがちで、専門商社は人気がなさそうと思われがちですが、実際には年収も良くホワイトな環境で就活生に人気の企業です。

長瀬産業は、独立系で、京都の染料商が発祥の老舗専門商社です。

化成品や合成樹脂などを取り扱っており、自社内にメーカー機能も充実している企業のため、メーカー志望の学生からも人気を得ています

そんな長瀬産業の基本情報は以下のようになっています。

商号長瀬産業株式会社
本社所在地東京本社
〒103-8355 東京都中央区日本橋小舟町5-1
大阪本社
〒550-8668 大阪市西区新町1-1-17
創業天保3年(1832年)6月18日
設立 大正6年(1917年)12月9日
代表取締役社長代表取締役社長  朝倉 研二
資本金9,699百万円
事業内容化学品、合成樹脂、電子材料、化粧品、健康食品等の輸出・輸入及び国内販売
長瀬産業HP

経営理念

社会の構成員たることを自覚し、誠実に正道を歩む活動により、社会が求める製品とサービスを提供し、会社の発展を通じて、社員の福祉の向上と社会への貢献に努める

引用:経営理念/長瀬産業

上記の経営理念は、次のようなことを伝えています。
社会に出たら誠実な行いが求められ、従業員一人一人が社会人としての自覚を持ち、会社の発展と共に福祉の向上と社会への貢献を実現するということです。

将来性

長瀬産業は、化成品、合成樹脂、半導体などの電子材料を幅広く扱いながら、メーカー機能も充実している専門商社です。
2021年度3月発表の売上総利益は1,146億円もあり、化学品専門商社として最大手のポジションにあります。
今年度は、近年騒がれている世界的な半導体不足で更なる利益向上が見込まれます。

2021年度に発表された新中期計画ACE2.0によると、2021年度〜2025年度を成長期(質の追求)としています
その中で注目したい点が2点あります。

既存事業の強化

製造業の生産性向上と技術革新による付加価値の拡大を掲げています。
グループ製造会社の営業利益は2020年度には138億円をあげており非常に好調ですが、現状には満足せず2025年度には200億円以上を目指しています。

そのために、要素技術・製品開発機能の強化・拡充、MI(TABRASA)を活用した新しい素材開発、デジタルマーケティングによる新規市場開拓を掲げています。

世界的に不足している半導体や、世界的にニーズが高まっているエコフレンドリー材料などの供給体制を構築するサポートを強化することで更なる成長を目指しています。

持続可能な事業(=N-Sustainable事業)の創出

SDGsの17のゴールを紐解き、事業活動を通して課題解決に貢献することで、社会・環境価値の向上と、社会だけでなく、顧客や将来に直面する課題を解決するために新たな価値を提供することも収益構造の変革として掲げています。
これらの課題解決をするために、NAGASEグループの”つながり”を活用し、革新的なサービスや技術を通して「利益を生み出す解決策」の提供を目指しています。

これらの解決策は、「環境・エネルギー」「次世代通信関連」「ライフ&ヘルスケア」の3事業内の個別事業で活かされます。
長瀬産業は社会の課題解決を通して利益を上げる仕組みを提供することで、企業理念に沿った企業活動をおこなっています。

求めている人物像

自分のアイデアを発信してカタチにしたい。主体的にビジネスをリードしていきたい。ビジネスを通じて社会に貢献していきたい。

引用:長瀬産業 採用HP トップメッセージ

世界を股にかけ、化学品専門商社で最大手に位置する長瀬産業では、「自分の考えを持ち、主体的に社会に貢献できる」人材が求められています。

学生時代に主体的に何かを成し遂げたエピソードであったり、自分の考えを世界に発信したことのある経験は高評価を得ることができるでしょう。

就職難易度(採用・選考状況)

ここまで長瀬産業の経営理念や将来性、求める人物像を共有しました。

続いて本章では、長瀬産業の採用大学や採用人数などの採用情報と選考フローについて解説します。

採用大学

22年卒4月入社の現時点での採用実績校は以下のようになっております。
(大学名の右の数字は採用人数)

【文系】
(院)学習院大学(1)
(大)早稲田大学(5)、法政大学(2)、立教大学(2)、明治大学(2)、慶應義塾大学(2)、上智大学(2)、北海道大学(1)、広島大学(1)、関西学院大学(1)、関西大学(1)、青山学院大学(1)、学習院大学(1)、国際基督教大学(1)、成城大学(1)
【理系】
(院)東北大(2)、神戸大学(1)、東京大学(1)、東京工業大学(1)、東京理科大学(1)、大阪府立大学(1)
(大)東京工業大学(2)、京都大学(1)、神戸大学(1)、東京理科大学(1)、東京農業大学(1)、上智大学(1)、法政大学(1)、青山学院大学(1)、ダルハウジー大学(1)

参考:就職四季報2023年版

採用人数

男女別・文理別の採用人数は以下のとおりです。

年度大卒(男)大卒(女)修士(男)修士(女)
20年17名28名8名1名
21年9名11名5名1名
22年13名21名7名1名
参考:就職四季報2023年版

年度文系理系
20年度39名15名
21年度14名12名
22年度25名17名
参考:就職四季報2023年版

配属勤務地

21年4月入社者の配属勤務先は以下のようになっております。
(地名の横の数字は人数)

【総合職】
東京(14)、大阪(4)

参考:就職四季報2023年版

配属部署

21年4月入社者の配属部署は以下のようになっております。
(部署名の横の数字は人数)

【総合職】
営業(16)、経営管理(1)、ICT(1)

参考: 就職四季報2023年版

採用大学を見る限り、ある程度偏差値の高い大学に通っていないと内定を獲得するのは容易ではないと言えます。

しかし、上記大学に通っていなくても、内定を獲得するチャンスはあり、そのためには自己分析をしっかりと行い、ライバルとの差別化を十分に図る必要があります。

自己分析は、ES・面接対策でも必須のものです。

当サイトでも、「自己分析とはそもそも何なのか」「自己分析の目的」「自己分析のやり方」まで解説し、この記事一つ読めば自己分析を完璧にできるものを書いています。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

採用倍率

非公開

採用倍率は非公開ですが、非常にホワイトでかつ、従業員の雰囲気もよく、高給ということでかなりの倍率が予想されます。

長瀬産業の新卒採用の選考フロー

エントリシート
 ↓
WEBテスト
 ↓
面接(複数回)
 ↓
内々定

引用:就職四季報2023版

選考フロー自体は一般的なものなので、追加で対策が必要になる項目は特にありません。

しかし近年では動画面接もあるとの噂なので、動画面接の対策が必要となる場合があります。
動画面接に特化した就活支援サービスをご紹介しておりますので、ご参考にしてみてください。

WEBテストの形式は簡単な計数、言語、英語のテストです。

また、「面接対策をしたい!」「ESのクオリティをあげたい!」という方には、就活エージェントの利用がおすすめです。

就活コンサルタントによるES添削や模擬面接などのサービスをすべて無料で受けることができます。

また、「大手企業からの逆オファー」「1週間での早期内定」など様々なメリットもあります。

以下の記事では、おすすめの就活エージェントについて、特徴とおすすめ点をまとめています。

こちらの記事を参考にして自分に合ったサービスに登録してみましょう。

内定獲得のための必須対策

ここまで長瀬産業の採用大学や採用人数などの採用情報と、選考フローについて共有いたしました。

続いて本章では、長瀬産業から内定を得るためにすべき3つの対策事項を紹介します。

企業理解を深める

長瀬産業は、化学品専門商社でありながらメーカー機能も有している企業です。
そのため非常に幅広い商品を取り扱っており、あなたの身近な物にも長瀬産業が関わった商品が存在するかもしれません。

近年不足している半導体などの自動車の部品も長瀬産業は取り扱っています。
またスマートフォンに使われている部品にも関わったりしています。
本当に身近なものに同社が扱っているものが使われていることがあります。

キャリアビジョンを描く中でも「こんな商材を扱いたい」といったような気持ちがあると進めやすくなります。
企業HPや事業計画を読んで企業理解を深めましょう。

他にも専門商社でありながらメーカー機能を有しているというのは大きなメリットが存在します。
他社から仕入れて売るのではなく、自社内で製品を作ることができるので仕入れて売る他の商社よりも利益率が上昇します。

メーカー機能を有しているというのが、長瀬産業が安定感のある財務状況を作り上げているのです。
加えて仕入れた商品に加工を加えて付加価値のある商品を提供できることで、他社にはない長瀬産業というブランドを確立しています。
そして歴史もあり安定した取引先との関係が築けているのでしょう。

企業研究の際は、競合他社との比較研究も非常に重要になってきます。
その際に気をつけてほしいことが一点ございます。

それは「比較の軸」を定めることです。
その軸は「専門商社」「化成品を取り扱っっている商社」など様々ありますが、軸の具体性が高いとより良い比較が可能となります。

長瀬産業でなければダメだという明確な志望理由を示そう

他企業にも当てはまるような志望動機では「うちじゃなくてもいいのでは?」と思われる可能性が高いです。

そのため選考では、確固たる入社意思を伝えるための明確な志望理由が必要となります。

志望理由を考える際は「なぜ長瀬産業なのか」「興味のある部門はどこか」「キャリアビジョンは」という観点から、自らの経験と併せて志望理由を明確にしておくといいでしょう。

また、このような志望動機を作成するには、実際に働いている社員から話を聞けるOB訪問がおすすめです。

OB訪問では、先輩社員からざっくばらんに話が聞けます。

「なぜ長瀬産業を選んだのか」「仕事の内容」「やりがい」「キャリアビジョン」などを聞くことで、実際に自分が長瀬産業で働くイメージを持つことができ、魅力的な志望動機を描くことができるでしょう。

しかし、OB訪問はどのようにすればいいか分からない方がほとんどだと思います。

「OB訪問の申し込み方法」「当日の流れ」「おすすめの質問例」「OB訪問後のお礼メール」まで解説している記事があるので、少しでも内定獲得の可能性を増やしたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

求められる人材とマッチするエントリーシートを書く

人気企業である長瀬産業で内定を獲得するには、ライバルと差別化することが大切になってきます。

世界を股にかけ、化学品専門商社で最大手に位置する長瀬産業では、「自分の考えを持ち、主体的に社会に貢献できる」人材が求められています。

自己分析を行い自分の強みを明確にし、長瀬産業の求める人材とマッチするようにエントリーシートを書きましょう。

世界を股にかけ、化学品専門商社で最大手に位置する長瀬産業では、「自分の考えを持ち、主体的に社会に貢献できる」人材が求められています。

自ら社会に対して何ができるかを考え、考えたことを実際に行動に移した経験などがあると良いでしょう。

その取り組みの際に、「自分がどのような考えで取り組んでいたか」「主体性がどこに出たか」まで話せると、さらにアピールできるでしょう。

就活ジョブジョブでは面接まで視野に入れた、内定にグッと近づけるガクチカ作成について解説している記事も書いています。

簡単4ステップで、面接対策にもなるガクチカの作成ができるようになるのでぜひ読んでみてください。

その他の気になる情報

長瀬産業の年収

就職活動では、高収入を志望動機にするのはタブーですが、実際は気になりますよね。

有価証券報告書の調べによると、令和2年の平均年収は972万円となります。

過去3年の平均年収は以下のようになります。

令和2年972万円
令和元年1004万円
平成30年941万円

長瀬産業の初任給

長瀬産業の初任給は以下の通りです。

4年制大学卒/ 月給25万円
大学院修士課程卒/ 月給29万円

厚生労働省の調査によるとによると、令和2年度の新規学卒者の給与額は大学卒で22万6000円、大学院卒で25万5600円なので、長瀬産業の初任給は平均よりもかなり高いといえます。

長瀬産業の評価

実際に長瀬産業で働いている社員さんの評価も気になるところだと思います。

社員さんのクチコミによる企業の評価を知りたいならOpenworkがおすすめです。

待遇や、働きがい、人材育成などについて、社員のリアルなクチコミから知ることができます。

長瀬産業は、平均年収が高いだけでなく福利厚生が充実しており、有給採りやすいことから働きやすい環境が整っていると言えます。

最後に

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

今回は、長瀬産業の経営理念や将来性などの企業概要と、さらに採用フローや採用倍率などの採用情報についてまとめました。

本記事の内容が、少しでも皆さんの就職活動をより良いものにできたら幸いです。

皆さんの就職活動を応援しております。